0.1 → 1

LAB DRIVEN COMPANY
DiGITAL ARTISAN

What’s Lab Driven_

研究者・技術者・アーティストが持つ知見から、
ビジネスのプロトタイプを生み出す

社会には、活用方法が定まっていない知見が多く存在します。研究者の研究結果、技術者がもつ経験によって磨かれた技、アーティストがもつアイデア。ラボドリブンとは、世の中にある技術やアイデアを組み合わせビジネスのプロトタイプを作るという考え方です。
0から1を生み出すビジネスは数多くありますが、1にも満たない0.1の段階の技術、アイデアからビジネスを生み出だすという取り組みは多くありません。0.1を1とするビジネスプロトタイピングを行うことで、新たな組み合わせによるイノベーションを実現します。

POINT

  • 最先端技術や様々な取り組みの調査、企画、検証を行い、ビジネスにおける活用方法を実証します。

    ビジネスプロトタイプ数

    9事業

  • 国内外の研究所、技術者、アーティストとのネットワークを活かし、ビジネス化に適した技術を見つけます。

    提携人数

    1248

  • ビジネスプロトタイプ検証後、協力企業とともに持続可能なビジネスとして、ローンチいたします。

    協力企業数

    64

Created Business_

  • D3テクスチャー®

    LAB KNOWLEDGE

    3D デジタルツールによる触感の再現研究

    3Dデジタルツールの使用により手作業では行えなかった細かさでの表面加飾がおこなえます。そのため、精密さが求められる触感・質感の再現をデジタルツールを用いて試行してきました。

    BUSSINESS DETAIL

    デジタルテクスチャの商品化

    D3テクスチャー®は、プロダクトの表面加飾に特化した3Dテクスチャーです。見た目だけではなく、さわり心地も計算しデザインされたテクスチャーをデジタルデータで作成いたします。プロダクトに、触感という新たな価値を加えるD3テクスチャー®が、新しい製品づくりを支援します。


    D3テクスチャー® は株式会社デジタルアルティザンの登録商標です。

Business Prototyping_

  • DiGITAL ARTISAN× NAIL

    OPEN NAIL®

    3Dスキャナーで爪の形状をスキャンし、3Dプリンターを使ってあなたの爪にぴったりのネイルチップを作成します。
    OPEN NAIL®は株式会社東芝の登録商標です。

  • DiGITAL ARTISAN× Secret

    Project01

    Coming soon

  • DiGITAL ARTISAN× Secret

    Project02

    Coming soon

  • DiGITAL ARTISAN× Secret

    Project03

    Coming soon

Education_

ラボドリブンを進めるデジタルの職人を育成

最先端の研究、技術を組み合わせ、ビジネスを創出するためには、技術とサービスの両面を理解したデジタルの職人が必要です。慶應義塾大学 SFC研究所 所長田中浩也教授を顧問に迎えアナログとデジタルをつなぎ、新たな価値を生み出せる職人の育成を実施し、職人を増やすことで、ラボドリブンによるイノベーションの創出を目指します。

株式会社 DiGITAL ARTISAN 顧問
慶應義塾大学 SFC研究所 所長 田中浩也

アルティザンとは、芸術家と職人が未分化だった時代の呼び方です。分化した職能を再びつなぎ合わせる統合の仲介者としても、たくさんのアルティザンが必要とされています。

News_

  • 2017.11.20

    11/25開催のFabLab Setagaya 1st Anniversary Meetup !に、代表原が審査員として参加いたします。

  • 2017.11.20

    avex-xRハッカソン(VR/AR/MR)に、代表原が審査員として参加いたしました。

  • 2017.11.18

    DiGITAL ARTISAN TALK vol.1「食品のプリンター フードプリンティングの最新事情」を開催いたしました。

  • 2017.11.10

    FAB 3D CONTEST 2017 デザインエンジニアリング部門 テーマ 「3Dプリントエッグドロップパッケージ」に、代表原が審査員として参加いたします。

  • 2017.11.08

    COURIER #2 今、グローバルビジネスのチャンスがあるのはどの都市か?アメリカとアジア、グローバルビジネス&スタートアップ進出事情、代表原が登壇しました。

  • 2017.10.15

    SUWACKATHON ── 速いは正義!! 精密加工技術でミニ四駆をハックせよ ──に代表原が審査員として参加いたします。

Member_

  • 代表取締役社長

    原 雄司

    大手通信機メーカーの試作現場に就職、その後、格闘家を続けながら3次元CAD/CAMメーカーに転職責任者、子会社社長などを経て、2006年にケイズデザインラボを設立。切削RPやデジタルシボ、D3テクスチャー®を開発。企業プロジェクト、アート、医療、エンタメントまで、分野を横断して3Dデジタルを提案しています。

  • 代表取締役

    井出 まゆみ

    3Dソフトの技術マネジャーや大手商社で、公的機関へのシステム導入アドバイザーなどを経験。ケイズデザインラボ創業メンバーであり取締役として尽力。共同経営者として3D業界を牽引してきた。

  • 代表取締役

    宮田 人司

    1989年に音楽家として起業。ISP事業を創業し、世界初の音楽配信となるi-modeの着メロ事業を成功させる。3DCGアニメーション・スタジオや、iOSアプリ開発等も手掛ける。2010年に東京から金沢に移住し、クリエイティブ事業及びベンチャー支援事業を開始。また、デザインとテクノロジーで地域課題を解決する非営利組織Code for Kanazawaを立ち上げる。

  • 顧問

    田中 浩也

    京都大学総合人間学部卒業、東京大学大学院工学系研究科博士後期課程修了。博士(工学)。東京大学生産技術研究所助手などをへて、慶應義塾大学SFC研究所所長。2010年米マサチューセッツ工科大学(MIT)建築学科客員研究員。グッドデザイン賞新領域部門など受賞多数。

  • デザインディレクター

    山本 義政

    DICカラーデザイン時代の経験を活かし、テクスチャートレンドリサーチやコンサルティングなどを手がける。自身でもテクスチャーデザインをこなし、この分野では国内TOPのテクスチャーのスペシャリスト。

  • 3D Digital Artisan

    金子 紘子

    大学にて建築を学び、専門学校にてプロダクトデザインを専攻。玩具・雑貨メーカー勤務を経て、デジタルアルティザンにて3Dスカルプター・プロジェクトマネージャーとして所属。経歴を生かし建築壁材からウェアラブルまでサイズを問わず、D3テクスチャー®のデザイン・開発を担当しながら、各プロジェクトを束ねる。

  • 3D Digital Artisan

    八島 絵美

    アーティストの3Dデータによる造形支援とD3テクスチャー®の造形を行う3Dスカルプター。D3テクスチャー®は、自然物の再現や触感のデザインなど累計250パターン以上を作成している、社内のテクスチャーデザインの第一人者。

  • 3D Digital Artisan

    清 由紀子

    在学時には情報デザインを専攻し、情報機器の活用として、博物館での3Dデータ活用について研究。瓦の同笵推定などを行う。現在は光学式の3Dスキャナ、FDM方式の3Dプリンターの技術検証を担当。3Dスキャンデータやフォトスキャンデータの使用したモデリングを行う。

  • 3D Digital Artisan

    山口 典子

    現代美術家/3Dスカルプター。2007年京都市立芸術大学大学院絵画コース油画修了。京都造形芸術大学非常勤講師を経て、デジタルアルティザンにて3Dスカルプターとして所属。造形、デッサンの知見を活かし人体のモデリングを担当。

  • ディレクター

    柳原 暁

    ワークスアプリケーション在籍時のプログラミング経験と、cinra在籍時のwebの企画設計の知見を生かし、あらたなサービスの企画設計に従事。3Dデジタルデータを活用したwebサービスの構築を担当。

Access_

株式会社DiGITAL ARTISAN

〒107-0061
東京都 港区 北青山 2-9-5, スタジアムプレイス青山 7F
代表電話 03-6432-9478
お問い合わせメールアドレス info@digitalartisan.co.jp